通関業・別送品・海外引越・海外土産・自動車通関登録・旅具なら横浜市の株式会社クロスナレッジ

四角形 四角形
TOP別送品輸入別送品輸出会社概要お問い合わせ

別送品輸出

別送品輸出のポイント

別送品とは

別送品の範囲

免税枠・簡易税率

車・モーターバイク


■輸出は、下記のサービスをご提供致します。

通関手続き
梱包・引取作業
強化ダンボールパレット積み-海上混載便出し
コンテナ占有による船積み
コンテナ占有による車と家財等の混載

中国を除き、仕向地指定港までとなります。
仕向地での通関・配送は荷主様でお手配下さい。
仕向地での通関・配送の当てがない方は、
海外ネットワークを有する海外引越会社をご紹介致します。

■輸出には下記費用がかかります。

通関料、船積料
税関検査料
梱包・引取料
強化ダンボールパレット積み料
コンテナ積込み料
船会社海上運賃、海上保険料
通関料は、行政で決められています。
通関業務料金最高額表

他の費用は、検査の有無、品目数、量などによって変わってきます。是非、お問い合わせ下さい。

輸出業務フロー

輸出業務フロー


通関業務御見積・申込み手順

通関業務お見積もり、お問い合わせは、ウェブサイトの"お問い合わせ"ページよりメール、または直接お電話にてお問い合わせ下さい。
また、通関業務をご依頼戴ける場合、下記の通関委任状、貨物確認書をご記入戴き、通関書類と併せてお送り下さい。

  通関委任状(個人)
  通関委任状(法人)
  輸出通関確認書

別送品輸出の範囲

別送品輸出通関は、輸入と違い関税・消費税がかからないことと、社会悪物品輸出の可能性が低いので制約はあまりありません。
日本出国後、6ヶ月を過ぎますと、簡易通関はできません。
家財・身の回り品 → 普段家庭にある物品、数量であれば問題ありません。

■輸出禁制品など詳細は下記行政サイトをご覧下さい。
税関 輸出入禁止・規制品目 http://www.customs.go.jp/mizugiwa/kinshi.htm
http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/c-answer/extsukan/5501_jr.htm
トカゲの革のハンドバッグや、ヘビ革を使用した胡弓など 経済産業省 ワシントン条約
http://www.meti.go.jp/policy/external_economy/trade_control/boekikanri/cites/index.htm
ペットの持ち出し 農林水産省動物検疫所
http://www.maff.go.jp/aqs/
農産品、米について 農林水産省植物防疫所
http://www.maff.go.jp/pps/j/search/pdf/ex_quickhelp_20121031.pdf
http://www.maff.go.jp/pps/j/search/ekuni/index.html

車・モーターバイク

一般通関となります。車は陸運局で輸出するための手続きが必要です。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/sesaku/environment/recycle/recycle/export02.html
モーターバイクは、廃車手続きが必要です。

別送品輸出の手続き

■別送品輸出通関必要書類
  • 託送品(携帯品・別送品)申告書(PDF参照)2部――1部許可印を押され許可書として返却
  • パスポートコピー
  • 出国の予定がわかる書類
    出国前:航空券、インターネット申込みの際の控えなど
    出国後:搭乗証明書、航空券の半券、パスポートの出国印・入国印
    赴任証明書は出国前・後で有効。 全てコピー可。
  • パッキングリスト(梱包明細書)
  • 船荷証券作成のためのドックレシート
■横浜港、船便の場合
  • 船会社や国際混載輸送会社に海外輸送を申込み、船便のスケジュール、荷受け倉庫を確認します。
  • 貨物を梱包し、指定された倉庫に搬入します。
  • 税関の別送品通関部門(横浜港では、横浜税関監視部別送品託送品通関部門 山下出張所3階)で、別送品の輸出申告。
  • 許可後、搬入倉庫に許可書、ドックレシート 差し入れ
  • 船の出港後、船会社や国際混載輸送会社に船賃等を支払い、船荷証券を受け取る。

※ 輸出入とも、他法令の検査や承認が必要な貨物(動物検疫、植物検疫、ワシントン条約に関わる製品、刀剣類など)は
  他法令手続きが済むまで、全量許可が下りません。
  通関手続きは、税関から免許を受けた、通関業者に委託することができます。